リサイクルトナーって何?

今や事務を行うには欠かせない道具となった、「プリンタ」と言う機器があります。
紙媒体、データの電子化が進むこの世の中でも、『印刷』というその本質的な役割が失われることはありません。
プリンタと行っても様々なモデルがあります。
個人や家庭で使うような低価格モデルから、企業などで用いるような高速・高級モデルまで、様々なラインナップが揃えられています。
プリンタには主に、3つの種類があります。
まず一番普及率が高いのが、インクを吹き掛けて文字や画像を印字する「インクジェットプリンタ」と、トナーから転写を行うことによって印字する「レーザープリンタ」、インクリボンのインクを転写させる「熱転写型プリンタ」があります。

その中でも私達にとって一番なじみ深いプリンタと言えば、「インクジェットプリンタ」ですが、インクジェットプリンタを用いるためには、インク(トナー)が必要です。
実はこのインクが高額で、何回か買い換えるうちに、すぐにプリンタの本体価格を超えてしまうほどになります。
ですから一般的に、あまりコストパフォーマンスが高い、と言えない製品が多いのも事実です。
そんな中で救世主として扱われているのが、「リサイクルトナー」という、容器からインクから、全て再生品を用いたインクが販売されています。
では、リサイクルトナーにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
このサイトでは、リサイクルトナーに関して紹介したいと思います。



※注目サイト
リサイクルトナーカートリッジ --- 最大90%引きとコストパフォーマンスが高いリサイクルトナーカートリッジを購入できます。

Copyright © 2014 リサイクルトナーが考えられた歴史 All Rights Reserved.